*

脳梗塞の原因

動脈硬化を進行させる病気が原因

脳梗塞のほとんどは、脳の血管に起こる動脈硬化が原因となります。

したがって、動脈硬化を進行させる病気があると、脳梗塞を起こす危険度が高くなります。

最大の危険囚子と考えられるのが、高血圧です。血管につねに強い圧力が加わり、血管が傷つけられることによって動脈硬化が早まるためです。

糖尿病は、多すぎるブドウ糖によって血栓ができやすくなります。

脂質異常症(高脂血症)で余分なコレステロールが血管壁にたまると、アテローム性の動脈硬化を進めます。

高血圧、糖尿病、脂質異常症などは中高年に非常に多い病気ですが、脳梗塞の重大な危険因子であることも知っておきましょう。

生活習慣も重大な原因

脳梗塞の引き金となる高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、その名のとおり、ふだんの食事や生活が関係して発症します。

たとえば、高血圧は塩分過多の食事によって助長されます。

糖尿病は主に食べすぎです。

脂質異常症は動物性脂肪の摂りすぎと深く関係しています。

また、飲酒の習慣は、血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪のいずれにも影響します。

さらに、現代人の生活は、運動不足になりがちです。

意識して運動をする習慣を取り入れないと、体を動かすことが少なく、それが食生活とあいまって肥満を招きます。

最近、話題になっているメタボリックシンドロームは、その象徴ともいえます。

そして、忘れてならないのが喫煙による影響です。

喫煙の習慣がある人ほど、脳卒中を起こす人が多いことが明らかです。

喫煙は、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの病気を悪化させるだけでなく、心筋梗塞や不整脈といった心臓病も招くことから、脳梗塞の重人な危険因子となります。

つまり、脳梗塞を防ぐには、食事や生活の習慣から見直し、改善することが不可欠なのです。

pcad 336_280ad

関連記事

脳梗塞とは

脳の血管が詰まることで神経障害 脳卒中とは、脳の血管に障害が起こり、それによって脳神経細胞が

記事を読む

脳梗塞の前兆

一時的に脳血管が詰まって前兆が現れる 脳梗塞といえば、ある日突然、襲われる病気だと思われてい

記事を読む

こんな人は脳梗塞に注意

高血圧 高血圧が動脈硬化を促し、脳梗塞の危険因子であることを詳しく、さらにその理由を解説します

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑