*

「 脳梗塞(のうこうそく) 」 一覧

脳梗塞について、はじめに

脳卒中は、長い問、日本人の死亡原因トップ3の中に常に位置しつづける病気の1つで、「国民病」ともいわれています。 その証拠に、現在の脳卒中の患者数は約250万人に達する勢いです。 さらに、2

続きを見る

脳梗塞の前兆

一時的に脳血管が詰まって前兆が現れる 脳梗塞といえば、ある日突然、襲われる病気だと思われています。 確かに、急激に起こるものが大半なのですが、じつは大きな発作を起こす前に、予兆のような症

続きを見る

脳梗塞とは

脳の血管が詰まることで神経障害 脳卒中とは、脳の血管に障害が起こり、それによって脳神経細胞が侵され、急激に麻痺やしびれなどの神経症状が現れる病気のことです。 脳はいわば神経細胞の塊で、全

続きを見る

脳梗塞の原因

動脈硬化を進行させる病気が原因 脳梗塞のほとんどは、脳の血管に起こる動脈硬化が原因となります。 したがって、動脈硬化を進行させる病気があると、脳梗塞を起こす危険度が高くなります。 最

続きを見る

こんな人は脳梗塞に注意

高血圧 高血圧が動脈硬化を促し、脳梗塞の危険因子であることを詳しく、さらにその理由を解説します。 脳梗塞には、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞という3つのタイプがあります

続きを見る

脳梗塞発症時

麻痺やしびれ、言語障害などがある 手足を動かす、見る、聞く、話すといった体の機能は、すべて脳の働きによってつかさどられています。 そして、脳のどの領域が、どんな働きを担っているか、おおよそ

続きを見る

脳梗塞の検査と診断

救急処置を行ってから検査を始める 脳梗塞が起こった場合、すぐに脳の血流を再開させることが大事ですが、いきなり治療を始めることはできません。 病院に到着したら、まずは救急処置を行って、それか

続きを見る

脳梗塞発病後の治療

急性期治療が後に大きく影響 検査の結果、脳梗塞だと診断がついたら、すぐに治療を始めます。 発症直後からl~2週間の回に行われる治療を急性期治療といいます。 脳梗塞では、この急性期治療

続きを見る

症状は、梗塞の部位で違います

梗塞が脳のどこに起こったかで症状が異なる 人間の脳は、大脳、小脳、脳幹という3つの部分から構成されています。 そして、大脳と小脳は大脳半球、小脳半球という左右一対の構造になっています。

続きを見る

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑