*

「 脳溢血かな、と思った時は 」 一覧

迅速な1次救命を – 脳溢血かな、と思った時は

脳溢血(脳内およびくも膜下の出血)脳梗塞など脳の血管にまつわる病気のうち、急激に起る物を脳卒中と言う。 呼吸が停止した場合、3分以内に回復させないと死に至る確率がぐんと高くなると言われて

続きを見る

救命法の注意点 – 脳溢血かな、と思った時は

脳溢血ならずとも、人命にかかわる疾患の兆候が表れた時には、その場にいる人が必要最低限の処置を行い、救急隊が現場に到着するまで患者を保護する必要がある。 英国の古典的な法、コモン・ローの中

続きを見る

知っておきたい意識レベル – 脳溢血かな、と思った時は

救命法の措置はまず傷病者の意識レベルを確認することから始まる。 意識があるとは、私達人が起きて自分の位置や状態を間違いなく認識している状態である。 本来ならば覚醒しているべき時に突

続きを見る

脳溢血で家族が入院したときに知っておくと良いこと

少し古風な教育を受けている人間が親から必ず教えられることがある。 親族に病気や老齢の人間がいるときには喪服(喪服の色の濃さは血のつながりの濃さを表す。 漆黒を纏うのは本来近親者のみ

続きを見る

脳溢血と入浴

脳溢血の特徴のひとつに空間同士の気温差が大きい場所で起りやすいと言うものがある。 一般に5度以上温度が上下すると脳の血管は大きな負荷をこうむると言われているが、冬場の浴室と脱衣所、浴槽内

続きを見る

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑