*

「 脳溢血、こんな時は要注意 」 一覧

脳溢血の兆候とは

脳溢血の際に現れる症状は出血の範囲によって大きく異なる。 前兆として血管が切れる音がプチプチとなると言う人もいるが、音として聞き取れる大きさで何かがはじけたような音がするほどの出血は動脈

続きを見る

脳溢血と頭痛

頭痛の中には緊張型頭痛、片頭痛等痛みは強いが死に至る可能性が低い物もある。 その場合は鎮痛薬や冷却(片頭痛の場合に特に有効)、軽いストレッチ等によって痛みを軽減させればよいが、頭痛が何の

続きを見る

脳溢血と視覚

私たちの身体部位の中でも眼は耳と並んで脳に近い場所にある部品である。 感覚器であるこれらは緻密に張り巡らされた神経によって脳と情報のやり取りを行っているので、脳の疾患の影響を受けやすい。

続きを見る

脳出血と発熱

体温が平熱(37度以下が平均値)以上になる発熱は、風邪、胃腸炎などの症状として私たちの生活に馴染みのある現象である。 他に熱中症、体温調節が上手くできない子供や高齢者の1時的なのぼせなど

続きを見る

脳溢血と鼻血

鼻血とは、鼻腔内で起る出血のことである。 乾燥や炎症による粘膜の脆弱化、花粉症や風邪による花のかみすぎなどでも起こる鼻血は耳鼻口腔科の症状として特に珍しいものではなく、適切に止血をし、様

続きを見る

脳溢血と認知症

自分が今いる空間、行動の時系列、身体感覚などを認識する能力のことを見当識と言う。 この見当識に異常が現れ、記憶障害、失行、感情統制の困難および妄想などが生じる認知症は、脳溢血を含む脳卒中

続きを見る

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑