*

「 脳溢血の実際 」 一覧

脳溢血の症状

私たちの頭部は、毛髪、皮膚、頭蓋骨などに覆われており、中で起きている出血を目視で確認することは能わない。 脳出血が疑われる患者は頭部MRI、CT等の検査等によって血腫の有無を確認すること

続きを見る

脳溢血の好発部位

医療の現場では、一般に脳組織内で起きる出血を脳出血、つまりは脳溢血と呼ぶ習わしがある。 脳と頭蓋の間にある組織である硬膜の出血およびくも膜の出血脳組織内の出血とは対処法が違うため別個に疾

続きを見る

脳溢血のリスクが高い人は

脳溢血のリスクが高いと言われている人は成人病のハイリスク群とほぼ特徴を同じくする。 成人病とは、ある程度年齢を重ねた人に現れやすい生活習慣によって生じる健康被害の総称で、生活習慣病とも言

続きを見る

脳溢血の原因

脳溢血は頭部外傷による衝撃、動脈硬化による血管の狭窄などによって引き起こされる疾患であるとされている。 一般に血圧が高く、血流が血管壁を圧す力が強い人、高齢になり血管壁が脆くなっている人

続きを見る

脳溢血と血圧と血糖

脳梗塞、脳出血などの前触れもなく起きる脳血管の障害を脳卒中と呼ぶ。 よく言われる言葉に「白髪に卒中なし」と言うものがある。 対になる「はげにがんなし」と言う言葉は実際に研究者によっ

続きを見る

脳溢血と後遺症

脳出血の出血発作は、早期に発見し適切な処置を行なえば重い後遺症を残さずに済むことが多いと言われている。 しかし、長時間にわたって脳の血流が阻害され、その結果脳の酸欠状態が長引くと出血した

続きを見る

脳溢血とスポーツ

近年漸く市井の人に知られるようになった事柄のひとつがスポーツ後に起きる脳出血の実情である。 小中高の体育の授業もしくは部活動の後に生徒が突然死するケースが昔から報告されていたが、もともと

続きを見る

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑