*

「 脳溢血(のういっけつ) 」 一覧

脳溢血について、はじめに

脳溢血とは、脳頭蓋内で動脈が切断され、流出した血液が脳もしくはその周辺の空間を満たすことによって、脳の神経が圧迫され運動機能の障害、意識レベルの低下、各臓器の機能不全などに陥るとされる疾患のこ

続きを見る

脳溢血 カテゴリー コンテンツ一覧

脳溢血TOP 脳溢血について、はじめに 脳溢血 カテゴリー コンテンツ一覧 脳溢血の基礎知識 脳溢血とは 脳溢血と頭蓋 脳疾患の種類 脳溢血の患者数

続きを見る

脳溢血とは

脳溢血は今となっては少し古めかしいイメージのできてしまった疾患名である。 と、言うのも現在では同じ疾患を表すのに、「脳出血」もしくは限定して「脳内出血」と表記するようになってきているから

続きを見る

脳溢血と頭蓋

脳溢血を広い意味でとらえると外因、内因と言った発生機序の種類を問わず脳頭蓋内で起きる出血だと定義することができる。 頭蓋とは、人間の頭部にある円蓋状の頂部を持つ組織であり、広義には顔面も

続きを見る

脳疾患の種類

脳の病気と呼ばれるものには幾つもの種類がある。 私達は、どうしても脳の病気と言うと、今回取り上げる脳溢血、また付随して起きることもある脳梗塞など血管性の病気もしくは脳腫瘍等命に関わるもの

続きを見る

脳溢血の患者数

2013年の大河ドラマは幕末から明治期を描いたものだそうだが、この時代の有名人には脳溢血の経験者が多い。 坂本竜馬を輩出した土佐藩最後の藩主山内容堂(過度の飲酒が原因とされる)、 天璋

続きを見る

脳溢血の治療費

脳溢血は放置すると命に関わる病気なので、仮にどういった事情があるとしても受診を先送りにしてはならない。 しかし、入院には費用が掛かる。脳溢血の場合、開頭手術をして血腫を取り除かねばならな

続きを見る

何故脳は存在するのか

アガサクリスティの有名な推理小説の主人公エルキュール・ポアロは作中で頓珍漢な推理(ワトソン役の典型的行動パターン。 他に有栖川有栖の火村シリーズ、『漫画名探偵コナン』にもこのタイプのワトソン役が

続きを見る

脊椎動物と脳

私たちは頭部から背骨にかけて神経がまとまった中枢神経系を持つ脊椎動物の仲間である。 脳から脊椎にかけての神経のまとまりのみを抜きだすとさながらまるい頭と長い尾を持つオタマジャクシまたは尾の長すぎ

続きを見る

脳と精神機能

私たちヒトは、精神Geist(独)の生き物である。 情動と呼ばれるパトスその対立概念である理論に則って物事を捉えるロゴス、そして共同体の構成員がパトスとロゴスに従って行動し得られた結果のエトスの

続きを見る

脳と体の動き

私たちの身体の動きは脳が神経を通じて出す指令、微弱な電気信号によって全身の筋肉が収縮、弛緩を繰り返して初めて生じるものである。 その気になれば、他の人が弛緩した体を外側から持って(あるいは機械に

続きを見る

東洋医学と脳

現在の医学では、脳が人の生命及び精神の活動を制御していると言うことが分かってきており、脳科学は医学、生理学、心理学に大きく関わる1大学問になりつつある。 しかし、脳と言うものの機能が現実に解明さ

続きを見る

脳溢血と脳死

脳溢血の症状が進み脳細胞全体の活動が停止すると、人間は脳死と言う状態に陥る。 死とは、いかに高度な医療技術をもってしても覆すことができないその個の終焉、命の断絶である。 キリスト教聖典聖書

続きを見る

脳の構造

私たちは普段「脳」もしくは「脳みそ」と言う言葉で全身の機能を司る頭蓋内の組織を呼ぶ。 しかし、現実に脳と呼ばれる組織は、大脳、間脳、橋および中脳と延髄と言う3つの組織が合わさった脳幹、小脳等の部

続きを見る

脳溢血の症状

私たちの頭部は、毛髪、皮膚、頭蓋骨などに覆われており、中で起きている出血を目視で確認することは能わない。 脳出血が疑われる患者は頭部MRI、CT等の検査等によって血腫の有無を確認すること

続きを見る

脳溢血の好発部位

医療の現場では、一般に脳組織内で起きる出血を脳出血、つまりは脳溢血と呼ぶ習わしがある。 脳と頭蓋の間にある組織である硬膜の出血およびくも膜の出血脳組織内の出血とは対処法が違うため別個に疾

続きを見る

脳溢血のリスクが高い人は

脳溢血のリスクが高いと言われている人は成人病のハイリスク群とほぼ特徴を同じくする。 成人病とは、ある程度年齢を重ねた人に現れやすい生活習慣によって生じる健康被害の総称で、生活習慣病とも言

続きを見る

脳溢血の原因

脳溢血は頭部外傷による衝撃、動脈硬化による血管の狭窄などによって引き起こされる疾患であるとされている。 一般に血圧が高く、血流が血管壁を圧す力が強い人、高齢になり血管壁が脆くなっている人

続きを見る

脳溢血と血圧と血糖

脳梗塞、脳出血などの前触れもなく起きる脳血管の障害を脳卒中と呼ぶ。 よく言われる言葉に「白髪に卒中なし」と言うものがある。 対になる「はげにがんなし」と言う言葉は実際に研究者によっ

続きを見る

脳溢血と後遺症

脳出血の出血発作は、早期に発見し適切な処置を行なえば重い後遺症を残さずに済むことが多いと言われている。 しかし、長時間にわたって脳の血流が阻害され、その結果脳の酸欠状態が長引くと出血した

続きを見る

脳溢血とスポーツ

近年漸く市井の人に知られるようになった事柄のひとつがスポーツ後に起きる脳出血の実情である。 小中高の体育の授業もしくは部活動の後に生徒が突然死するケースが昔から報告されていたが、もともと

続きを見る

脳溢血の兆候とは

脳溢血の際に現れる症状は出血の範囲によって大きく異なる。 前兆として血管が切れる音がプチプチとなると言う人もいるが、音として聞き取れる大きさで何かがはじけたような音がするほどの出血は動脈

続きを見る

脳溢血と頭痛

頭痛の中には緊張型頭痛、片頭痛等痛みは強いが死に至る可能性が低い物もある。 その場合は鎮痛薬や冷却(片頭痛の場合に特に有効)、軽いストレッチ等によって痛みを軽減させればよいが、頭痛が何の

続きを見る

脳溢血と視覚

私たちの身体部位の中でも眼は耳と並んで脳に近い場所にある部品である。 感覚器であるこれらは緻密に張り巡らされた神経によって脳と情報のやり取りを行っているので、脳の疾患の影響を受けやすい。

続きを見る

脳出血と発熱

体温が平熱(37度以下が平均値)以上になる発熱は、風邪、胃腸炎などの症状として私たちの生活に馴染みのある現象である。 他に熱中症、体温調節が上手くできない子供や高齢者の1時的なのぼせなど

続きを見る

脳溢血と鼻血

鼻血とは、鼻腔内で起る出血のことである。 乾燥や炎症による粘膜の脆弱化、花粉症や風邪による花のかみすぎなどでも起こる鼻血は耳鼻口腔科の症状として特に珍しいものではなく、適切に止血をし、様

続きを見る

脳溢血と認知症

自分が今いる空間、行動の時系列、身体感覚などを認識する能力のことを見当識と言う。 この見当識に異常が現れ、記憶障害、失行、感情統制の困難および妄想などが生じる認知症は、脳溢血を含む脳卒中

続きを見る

迅速な1次救命を – 脳溢血かな、と思った時は

脳溢血(脳内およびくも膜下の出血)脳梗塞など脳の血管にまつわる病気のうち、急激に起る物を脳卒中と言う。 呼吸が停止した場合、3分以内に回復させないと死に至る確率がぐんと高くなると言われて

続きを見る

救命法の注意点 – 脳溢血かな、と思った時は

脳溢血ならずとも、人命にかかわる疾患の兆候が表れた時には、その場にいる人が必要最低限の処置を行い、救急隊が現場に到着するまで患者を保護する必要がある。 英国の古典的な法、コモン・ローの中

続きを見る

知っておきたい意識レベル – 脳溢血かな、と思った時は

救命法の措置はまず傷病者の意識レベルを確認することから始まる。 意識があるとは、私達人が起きて自分の位置や状態を間違いなく認識している状態である。 本来ならば覚醒しているべき時に突

続きを見る

脳溢血で家族が入院したときに知っておくと良いこと

少し古風な教育を受けている人間が親から必ず教えられることがある。 親族に病気や老齢の人間がいるときには喪服(喪服の色の濃さは血のつながりの濃さを表す。 漆黒を纏うのは本来近親者のみ

続きを見る

脳溢血と入浴

脳溢血の特徴のひとつに空間同士の気温差が大きい場所で起りやすいと言うものがある。 一般に5度以上温度が上下すると脳の血管は大きな負荷をこうむると言われているが、冬場の浴室と脱衣所、浴槽内

続きを見る

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑