*

アトピーとステロイド

アトピー性皮膚炎 一覧

アトピー性皮膚炎の治療薬として、すぐに考えつくのはステロイドではないでしょうか。

副作用が強いため、近年では「悪役」のイメージもあるステロイドですが、決してそんな事はありません。

正しく、適切な量を、適切な部位に使用すれば、強い味方でもあるのです。

人間の副腎には、グルココルチコイドというホルモンを分泌する働きがあります。

このグルココルチコイドには、
炎症を抑え、
過剰な免疫機能を抑える作用があるのですが、
「ステロイド」とはこのグルココルチコイド、
つまり副腎から分泌される副腎皮質ホルモンの事なのです。

もちろん、そのままホルモンを取り出して使用する訳ではありません。

人工的にグルココルチコイドを合成し、さらにその効果を強力にしています。

また、分子のサイズが小さく、脂に溶けるように作られています。

なので、皮膚に塗布すると急速に浸透して行きますから、即効性があるのです。

ただし、多くの人が懸念しているように副作用もあります。

まず、ステロイドを使用する事で、本来からだが持っている副腎皮質の機能が落ちてしまう事が考えられます。

これは短期間での使用ならば元通りになりますが、長期に渡って使用していると戻りません。

それなのに、急に使用を中止すると、以前よりもアトピーがひどくなってしまう事があります。

もともとステロイドはアトピーを完治させるためのものではありません。

あくまでも、症状がひどい場合に一時的に症状を抑えるためのものなのです。

だからと言って、いままで使用していたものを急にやめると、リバウンドで合併症を起こしてしまったりする場合があります。

なるべく使用したくない、やめたいと言った場合には段階を踏んで、徐々に減らすようにしましょう。

pcad 336_280ad

関連記事

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言えるでしょう。 皮膚には、細

記事を読む

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレルギーがあります。 わた

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか。 まず、強いかゆみを伴

記事を読む

アトピーとアレルゲン

アトピー性皮膚炎の原因のひとつとしてアレルギーがある、という事は前述しました。 では、

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑