*

アトピーとアレルゲン

アトピー性皮膚炎 一覧

アトピー性皮膚炎の原因のひとつとしてアレルギーがある、という事は前述しました。

では、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

乳児、幼児、また小学生の子供の頃に多くみられるのは食物アレルギーです。

たまごや大豆、牛乳や米、麦に至るまで、ありとあらゆるものがアレルゲンになる可能性があるので厄介ですね。

しかし、子供の成長とともに、消化機能が発達してくるので、これらの食物アレルギーはなくなっていく事が多いようです。

ですが、治ったと思っていたものが再発したり、大人になってから突然発症する事もあるので、異常を感じたら医療機関に相談しましょう。

呼吸をする事で、空気と一緒に吸い込んでしまい、アレルギー症状を引き起こすものに、ダニやハウスダストがあります。

また、最近では、花粉症とも関係があると考えられています。

花粉症の症状と言えば、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどですが、アトピーの人はそれに加えて、目のまわりの湿疹がひどくなってしまったりします。

他にも、動物に対してのもの、薬によるもの、なんでもアレルゲンになりうるのです。

子供の時に発症するアトピーは、こうしたアレルギーによるもの、遺伝的な体質によるものが多いようです。

ところが、大人になって発症するアトピーの場合には、こうした体質的なアレルギーの他に、生活習慣の乱れによるものが多いのです。

体質や環境、年代など、ひとくちにアトピーと言ってもその原因はさまざま、その人によって違います。

原因が違えば、対処法もそれぞれ違ってきますね。

まずはなにが原因でアトピーになってしまったのか、その原因を突き止め、正しく対処する事が重要だと言えるでしょう。

pcad 336_280ad

関連記事

アトピーとステロイド

アトピー性皮膚炎の治療薬として、すぐに考えつくのはステロイドではないでしょうか。 副作

記事を読む

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレルギーがあります。 わた

記事を読む

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言えるでしょう。 皮膚には、細

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか。 まず、強いかゆみを伴

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑