*

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

アトピー性皮膚炎 一覧

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言えるでしょう。

皮膚には、細菌などの侵入を防ぐと同時に、肌の水分を一定に保ったり、紫外線からからだの内側を保護するなどの働きがあります。

とかくにきびの原因として悪者にされがちな皮脂も、必要があって存在しているものなのです。

もちろん過剰分泌は良くありませんが、だからと言って足りなくなるとそれもまた困った事になってしまいます。

なんらかの原因で、皮膚表面の皮脂が不足すると、肌の水分が失われて、乾燥肌になってしまいます。

皮脂がなくなっている事で、最近や細かなほこりなどの異物が簡単に入り込んでしまい、そのためにかゆみも出てきます。

アトピーの人の肌は、そうでない人の肌に比べて乾燥している事が特徴としてあげられるでしょう。

皮膚の機能が落ちているので、健康な人なら問題ない程度の刺激にも、過敏に反応してかゆみを感じてしまうのです。

アトピーの発症には、免疫機能の異常も大きな関係があると考えられています。

以前はアレルギーと同じく、アレルゲンを除去する事を優先して治療されてきましたが、最近ではそれと同時、皮膚の機能を改善していく事も行われるようになってきました。

しっかりと保湿ケアを行う事はもちろん、洗い過ぎて皮脂膜を破壊してしまわないように気をつけましょう。

入浴時など、ごしごしと擦るのではなく、ボディソープや石鹸をしっかりと泡立てて優しく洗うように心がけましょう。

また、食事の面では、脂分の摂り過ぎはもちろん、量が足りなくても良くありません。

やはり、バランスの良い食事など、生活習慣全般を見直す必要がありそうですね。

pcad 336_280ad

関連記事

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレルギーがあります。 わた

記事を読む

アトピーとステロイド

アトピー性皮膚炎の治療薬として、すぐに考えつくのはステロイドではないでしょうか。 副作

記事を読む

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか。 まず、強いかゆみを伴

記事を読む

アトピーとアレルゲン

アトピー性皮膚炎の原因のひとつとしてアレルギーがある、という事は前述しました。 では、

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑