*

脱ステロイド – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピー性皮膚炎 一覧

良く効いて強い薬だけれども、その分副作用が心配、できれば薬に頼らずに治したいというのは誰しも思う事でしょう。

また、最終的には薬を使わないで済む、健康な肌を取り戻す事、それが目標かと思います。

何度も言うようですが、ステロイド剤は正しく使えばアトピー患者さんにとっては強い味方です。

しかし、間違った使い方や、思い込みによる急な薬の使用中止などによっては、重篤な症状や、強い副作用が出てしまうのです。

まずは自分の使っているステロイドの強度を知りましょう。

前述しましたが、ステロイドの強さは症状によってランク分けされています。

自分が使っているステロイドが強いものなのか、比較的軽めのものなのかを確認してください。

まずはステロイドの強度を下げる、使う頻度を減らす事を目標にしましょう。

薬をやめただけでアトピーが治る訳ではありません。

薬を減らしつつ、生活習慣の改善や、悪化因子の除去などを並行して行いましょう。

この期間のスキンケアは重要です。肌の状態に合ったケアを行いましょう。

また、「脱ステロイド」は非常に辛い治療です。

前項で述べたようなリバウンド症状が出る事がほとんどですし、やり方を間違えるとただ重症化しただけという結果にもなりかねません。

こまめな経過観察とスキンケア、また、ステロイドを抜くのであれば、どうしても我慢できない場合の代替の薬など、考えなくてはならない事はたくさんありそうです。

できるだけ、医師の指導を受けながら、一気に「脱ステロイド」へ進むのではなく、徐々にステロイドを抜いていく「減ステロイド」から始めた方が良いと考えます。

pcad 336_280ad

関連記事

ステロイドのメリット・デメリット – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの治療薬として、よく知られているのがステロイド剤です。 では、ステロイド剤とは

記事を読む

アトピー リバウンドとは

アトピーの治療には、一般的にステロイド剤が使われている事は前述しました。 また、デメリ

記事を読む

ステロイドの限界 – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの症状の段階によって、処方されるステロイド剤の強さや量が決められています。 正

記事を読む

アトピー 好転反応とは

あんまや鍼灸など、東洋医学の治療では、その過程で発熱や下痢など、一時的に体調が悪くなる事があ

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑