*

アトピー 好転反応とは

アトピー性皮膚炎 一覧

あんまや鍼灸など、東洋医学の治療では、その過程で発熱や下痢など、一時的に体調が悪くなる事があります。

特にあんまではもみ返しなど強い痛みを感じる事もあります。

これは、「好転反応」と呼ばれる現象で、からだが快方へ向かう途中の段階なのです。

からだに溜まっている老廃物が排出されていくうえでの現象とも考えられています。

アトピーの場合にも同じ事が起こる、という考え方もありますが、これには注意が必要です。

「好転反応」と思って頑張っていたのに、実はたんに症状が悪化していただけ、というのも良くある事なのです。

また、近年ではこれにつけこんで、健康食品などを売り込む悪質なケースもあります。

服用したり塗布したりして症状が悪化しても、「これは好転反応だから」と言いくるめられてしまう事があるのです。

きちんとした効果のあるものを適正な価格で販売している業者ももちろんいます。

説明に納得がいかない、根拠のないものを強引に売りつけようとするなどという業者には注意しましょう。

本当にこれから症状が良くなっていく好転反応なのか、それとも単に症状が悪化していっているだけなのかは、判断がつきにくいものです。

ステロイドをやめたい、という場合にも、医師の判断・指導を受けて行った方が良いでしょう。

皮膚が赤く腫れ上がってじゅくじゅくとした体液が出たり、または強いかゆみを伴った水泡ができたりします。

他にも、口内炎や髪が抜けるなどの症状が出てくる人もいます。

この時期のスキンケアは非常に大切です。

間違ったケアを行うと感染症などの重篤な症状を引き起こす場合もあるのです。

勝手な自己判断は避け、医師の指導を受けるようにしましょう。

pcad 336_280ad

関連記事

ステロイドのメリット・デメリット – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの治療薬として、よく知られているのがステロイド剤です。 では、ステロイド剤とは

記事を読む

ステロイドの限界 – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの症状の段階によって、処方されるステロイド剤の強さや量が決められています。 正

記事を読む

アトピー リバウンドとは

アトピーの治療には、一般的にステロイド剤が使われている事は前述しました。 また、デメリ

記事を読む

脱ステロイド – アトピー性皮膚炎は治せるか

良く効いて強い薬だけれども、その分副作用が心配、できれば薬に頼らずに治したいというのは誰しも

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑