*

ステロイドのメリット・デメリット – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピー性皮膚炎 一覧

アトピーの治療薬として、よく知られているのがステロイド剤です。

では、ステロイド剤とはいったいどんな薬なのでしょうか。

実は、ステロイドは私たちのからだの中でも作られています。

副腎皮質という、腎臓近くになる内蔵から分泌されるホルモンの一種です。

このホルモンには、炎症を抑えて免疫のバランスを保つ働きがあります。

このステロイドホルモンを人工的に合成して作られたのがステロイド剤です。

アトピーなど炎症を起こした皮膚に塗布すると、ある程度症状を抑える事ができますが、あくまでもその場しのぎ、一時的に症状を抑えるのに過ぎないのです。

また、懸念されているのが副作用です。

長期に渡って使用していると、

肌が黒ずんで来たり、

赤ら顔やムーンフェイス(顔が満月のように丸くなる)、

ホルモンバランスの乱れといった事が考えられます。

重篤な場合には、糖尿病や白内障、緑内障などの合併症も心配されています。

症状の改善にはとても良い薬なのですが、長期に使用していると副作用のリスクも高くなります。

できれば短期の使用で終らせたいところですね。

そのためにも、自己流の使い方ではなく、医師の指導を守って正しく使用するようにしましょう。

また、大変残念な事ではありますが、医療機関のなかには、きちんと診察をせずに、ステロイド剤の処方をするだけで終らせてしまうところもあるのです。

ステロイド剤の悪評があるのには、そのような背景もあるかと思います。

医師の評判を聞くなどして、医療機関選びも慎重に行いましょう。

pcad 336_280ad

関連記事

脱ステロイド – アトピー性皮膚炎は治せるか

良く効いて強い薬だけれども、その分副作用が心配、できれば薬に頼らずに治したいというのは誰しも

記事を読む

ステロイドの限界 – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの症状の段階によって、処方されるステロイド剤の強さや量が決められています。 正

記事を読む

アトピー リバウンドとは

アトピーの治療には、一般的にステロイド剤が使われている事は前述しました。 また、デメリ

記事を読む

アトピー 好転反応とは

あんまや鍼灸など、東洋医学の治療では、その過程で発熱や下痢など、一時的に体調が悪くなる事があ

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑