*

アトピー商品は印象だけで決めないで

アトピー性皮膚炎 一覧

入浴後、しばらく経つと肌は乾燥してきます。

アトピー性皮膚炎は肌への直接的刺激でも酷くなりますが、

『乾燥』そのものも非常に気をつけなければならない項目です。

毎回保湿ケアは十分に行い、

乾燥を防ぐことがアトピー改善の近道です。

使う保湿剤も、一般的に安価で売られているものは

刺激の強い素材が入っていることが多いです。

『敏感肌用』に開発された商品、

または皮膚科で処方された保湿剤を使用する方が良いでしょう。

ただし、幼児に使える商品でも、

アトピーの症状によっては強いと感じる保湿剤もあります。

購入前にはよく成分を調べておきましょう。

pcad 336_280ad

関連記事

アトピー肌に優しいこんにゃくスポンジ

現在はアトピー性皮膚炎に悩む方の為に、 色々なスポンジやタオルが発売されています。

記事を読む

アトピー肌に、安心して服を着るために

オーガニックコットン、というのをご存知でしょうか? 綿は通気性や吸水性に優れ、皮膚を清

記事を読む

アトピーはお酒を飲み過ぎると、悪化する?

アトピー性皮膚炎の方の中には、飲酒によって悪化してしまった人もいるようです。 飲酒その

記事を読む

子供のアトピーとの向き合い方

どうしても痒みを我慢出来ないため、 子供のアトピー性皮膚炎は重症化してしまいがちです。

記事を読む

アトピー性皮膚炎は再発する?

成長と共にアトピー性皮膚炎がなくなったのに、成人してから再び発症した…なんて人も少なくありま

記事を読む

アトピーが特に出やすい部位

母親にとって、子供が アトピー性皮膚炎の遺伝子を持っているかどうかは非常に気になる所。

記事を読む

アトピー性皮膚炎に厳しい季節は?

四季の中で、アトピー性皮膚炎の症状が一番ひどくなるのは 夏と冬だと思います。 夏

記事を読む

アトピーを悪化させない為の日用品選び

一般的に売られている商品でも、 アトピー性皮膚炎を患っている人には 強い刺激にな

記事を読む

アトピーには、服の素材はチェックするべし

アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐには、着る洋服にも気を配らなければなりません。 特に化学繊

記事を読む

pcad 336_280ad

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑