*

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強いかも知れません。 しかし、実は大人の方にも多い病気なのです。 また、小さい頃罹っていたけれど、治ったという人がいらっし

続きを見る

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧 アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎とは アレルギーと

続きを見る

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか。 まず、強いかゆみを伴った発疹を繰り返す事が特徴としてあげられると思います。 この「かゆみ」というのがなかなかやっか

続きを見る

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレルギーがあります。 わたしたちのからだには、生来からだにとって良くないものを排除しようという機能が備わっています。 本

続きを見る

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言えるでしょう。 皮膚には、細菌などの侵入を防ぐと同時に、肌の水分を一定に保ったり、紫外線からからだの内側を保護するなどの働きがあ

続きを見る

アトピーとアレルゲン

アトピー性皮膚炎の原因のひとつとしてアレルギーがある、という事は前述しました。 では、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。 乳児、幼児、また小学生の子供の頃に多くみられるのは食

続きを見る

アトピーとステロイド

アトピー性皮膚炎の治療薬として、すぐに考えつくのはステロイドではないでしょうか。 副作用が強いため、近年では「悪役」のイメージもあるステロイドですが、決してそんな事はありません。

続きを見る

ステロイドのメリット・デメリット – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの治療薬として、よく知られているのがステロイド剤です。 では、ステロイド剤とはいったいどんな薬なのでしょうか。 実は、ステロイドは私たちのからだの中でも作られています。

続きを見る

ステロイドの限界 – アトピー性皮膚炎は治せるか

アトピーの症状の段階によって、処方されるステロイド剤の強さや量が決められています。 正しく利用すれば、ステロイド剤はアトピー患者にとって、強い味方となります。 逆に、間違った使用を

続きを見る

アトピー 好転反応とは

あんまや鍼灸など、東洋医学の治療では、その過程で発熱や下痢など、一時的に体調が悪くなる事があります。 特にあんまではもみ返しなど強い痛みを感じる事もあります。 これは、「好転反応」

続きを見る

アトピー リバウンドとは

アトピーの治療には、一般的にステロイド剤が使われている事は前述しました。 また、デメリットとしての副作用も述べてきた通りです。 副作用が怖いからやめたい、とか、ずっとステロイドを使

続きを見る

脱ステロイド – アトピー性皮膚炎は治せるか

良く効いて強い薬だけれども、その分副作用が心配、できれば薬に頼らずに治したいというのは誰しも思う事でしょう。 また、最終的には薬を使わないで済む、健康な肌を取り戻す事、それが目標かと思い

続きを見る

アトピーの程度に合わせた適切なケアを

アトピーの症状が人それぞれ違っているように、症状の重さによっても処置が変わってきます。 重症の人が軽症のケアを行っても効果は望めませんし、軽症の人が重症の人と同じような処置を行うと悪化の

続きを見る

アトピーの改善 食事

アレルギー、アトピーの原因と聞いて、まず連想するのは食事ではないでしょうか。 食事は、私たちが生きていくうえで、重要な要素です。今一度、自分の食生活を見直してみましょう。 アトピー

続きを見る

アトピーの改善 入浴方法

アトピーの患者さんにとって、意外と重要なのが入浴の方法です。 皮膚を清潔に保つためにも、またリラックスできる時間を作るのにも有効です。 からだが温まるとかゆくなるし、何より掻き壊し

続きを見る

アトピーの改善 スキンケア

アトピーの患者さんにとって、スキンケアはとても重要です。 乾燥した皮膚は、保護機能が落ちています。 しっかり保湿していたわってあげましょう。 石鹸などの入浴用品はもちろんのこ

続きを見る

アトピーの改善 肌着や寝具にも気を配ろう

肌に直接触れる肌着や、睡眠中など長時間使う寝具にも気を配りましょう。 ごわごわしていたり、ちくちくする素材のものは避けます。 100%コットンなど、天然素材のものを身に付けるように

続きを見る

海水でアトピーが改善できる?

アトピーの民間療法として、海水浴を取り入れている患者さんも多くいらっしゃいます。 アトピーには塩水が効く、という事も言われていますが、これは海水の殺菌作用からきています。 湿疹のあ

続きを見る

温泉でアトピーが改善できる?

アトピー対策では、入浴などによる皮膚の清潔を保つ事が重要になってきます。 症状が落ち着いている時期であれば、その際に気軽に温泉気分が味わえる入浴剤などを取り入れる方法も良いですね。

続きを見る

アトピー 対処療法と根治療法

前述した皮膚科学会のガイドラインによると、 アトピー治療の目標として、 「症状はない、あるいはあっても軽微であり、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない」 「軽微

続きを見る

アトピー 自己治癒力を高めよう

アトピーは薬では治りません。 前項で述べた通り、薬により処置はとりあえずの処置、応急手当に過ぎないからです。 風邪をひいた時など、薬で症状を抑える事はできても、治る訳ではありません

続きを見る

アトピーと生活習慣

アトピーには、遺伝や体質など、自分ではどうしようもならない原因も確かにあります。 ですが、それも自分の努力で症状を抑えたり、軽減する事ができるとも思います。 また、同じようなアレル

続きを見る

アトピーはお酒を飲み過ぎると、悪化する?

アトピー性皮膚炎の方の中には、飲酒によって悪化してしまった人もいるようです。 飲酒そのものが、炎症部分に直接影響を与えるわけではありません。 アルコールの中枢神経への作用によって、

続きを見る

アトピー肌に、安心して服を着るために

オーガニックコットン、というのをご存知でしょうか? 綿は通気性や吸水性に優れ、皮膚を清潔に保ってくれる、アトピー性皮膚炎の方にはとても優しい素材です。 その綿の中でも、農地・農薬・

続きを見る

アトピーには、服の素材はチェックするべし

アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐには、着る洋服にも気を配らなければなりません。 特に化学繊維で作られたものは、アトピーを持つ方にはかなりチクチクとした刺激を感じるようです。 化学繊維と

続きを見る

アトピー性皮膚炎は再発する?

成長と共にアトピー性皮膚炎がなくなったのに、成人してから再び発症した…なんて人も少なくありません。 原因は様々ありますが、過労や寝不足、日常のストレスがきっかけとなってでてくることも多く

続きを見る

アトピー商品は印象だけで決めないで

入浴後、しばらく経つと肌は乾燥してきます。 アトピー性皮膚炎は肌への直接的刺激でも酷くなりますが、 『乾燥』そのものも非常に気をつけなければならない項目です。 毎回保湿ケアは

続きを見る

アトピー性皮膚炎に厳しい季節は?

四季の中で、アトピー性皮膚炎の症状が一番ひどくなるのは 夏と冬だと思います。 夏はやはり『汗をかく』ことによって トラブルを生み出すことが多いですね。 冬は冬で、冷たい

続きを見る

子供のアトピーとの向き合い方

どうしても痒みを我慢出来ないため、 子供のアトピー性皮膚炎は重症化してしまいがちです。 親御さんも「掻いちゃ駄目よ!」と注意してしまいがちですが、 これはあまり得策ではありま

続きを見る

アトピーが特に出やすい部位

母親にとって、子供が アトピー性皮膚炎の遺伝子を持っているかどうかは非常に気になる所。 ですが自分がそうでない場合、 子供が症状をきちんと言葉で伝えられないと、 病院に

続きを見る

アトピー肌に優しいこんにゃくスポンジ

現在はアトピー性皮膚炎に悩む方の為に、 色々なスポンジやタオルが発売されています。 その中でも、特に『こんにゃくスポンジ』は有名かもしれませんね。 こんにゃくスポンジは保水性

続きを見る

アトピーを悪化させない為の日用品選び

一般的に売られている商品でも、 アトピー性皮膚炎を患っている人には 強い刺激になってしまうものも少なくありません。 例えば、毎日お風呂で使う使う石鹸やボディソープ、シャンプー

続きを見る

脳梗塞について、はじめに

脳卒中は、長い問、日本人の死亡原因トップ3の中に常に位置しつづける病気の1つで、「国民病」ともいわれています。 その証拠に、現在の脳卒中の患者数は約250万人に達する勢いです。 さらに、2

続きを見る

脳梗塞の前兆

一時的に脳血管が詰まって前兆が現れる 脳梗塞といえば、ある日突然、襲われる病気だと思われています。 確かに、急激に起こるものが大半なのですが、じつは大きな発作を起こす前に、予兆のような症

続きを見る

脳梗塞とは

脳の血管が詰まることで神経障害 脳卒中とは、脳の血管に障害が起こり、それによって脳神経細胞が侵され、急激に麻痺やしびれなどの神経症状が現れる病気のことです。 脳はいわば神経細胞の塊で、全

続きを見る

pcad 336_280ad

アトピー性皮膚炎について、はじめに

「アトピー性皮膚炎」、と聞くと乳幼児のものというイメージが強い

アトピー性皮膚炎 カテゴリー コンテンツ一覧

アトピー性皮膚炎TOP アトピー性皮膚炎について、はじめに

アトピー性皮膚炎とは

では、アトピー性皮膚炎とは具体的にどのような病気なのでしょうか

アレルギーとは – アトピー性皮膚

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつと言われているものに、アレ

皮膚がもっている機能 – アトピー性皮膚とは

わたしたちのからだを、外界から直接守っているのが皮膚だと言える

→もっと見る

PAGE TOP ↑